2017年07月31日

「僕と君と(みんな)」

鏡の前に立って

僕が自分の嫌いに思う部分をあげていったら

自分の顔が醜く歪んでいった


でも自分を褒めようとしたところで

何も嬉しく思わない

ありきたりなことに成り下がっていたから


外に出るのが辛いから

引きこもっていたら

飽きてきて外に出たら

また後悔した


道を歩く子どもの顔をみていたら

少し気が楽になった気がしたけど

変な罪悪感と嫌悪感に包まれた


どっちつかずな人生の出口って?


人々の顔の集合体をみていたら

あんまり意味がないような気がしてきて

だからといって

どうでもいいやってなったらよくないよね

でも形に囚われるのはもうやめにしたいんだな


posted by holland at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

「魂」

荒れ狂う荒波の中

ひっそりとそこに留まり続ける


己の存在意義がわからない?

知りなさい聞きなさい

教えを乞い続けなさい


私が私だと思う理由を述べてごらんよ

それはいつから「私」なの?

そしたらもう「私」でないの?



情報が錯綜する今の世の中に

垂れ流すような血の匂いもする


人間も動物と一緒さ


頭の痛くなるparadox、complex

捨てるか活かすか選びなよ


生きてる理由何て要らないよ

理由がないと生きていけないのかい?


感じるただそれのみ



posted by holland at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「僕が僕であるために」

誰かいつか歌ってた

僕が僕であるために


正しいものは何なのか

それは僕にもわからない


僕が僕であることを証明するためには

君が君であることを認めることから始まると思うんだ


僕の中にあるもの、君の中にあるもの


僕が大切にしているもの、君が大切にしているもの


僕の傷、君の傷


人は傷つけ合う存在、わがままな存在かもしれないけど

人は助け合える存在、分かり合える存在でもあるんだ


目に見えるものが

全てじゃない


僕が僕であるために


僕が君であるために

君が僕であるために
posted by holland at 04:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
もしよろしければ御協力お願いします
人気ブログランキング